工場のご案内


衛生面や安全管理について

弊社では創立から一貫して衛生面や安全管理について、お客様視点で考え、あたりまえを徹底し、さらに常に問題点を模索し、改善を続けています。
従業員の意識の向上、原料の管理、製造ラインの確認、衛生管理、自主検査体制など徹底した管理を実施しています。

工場の設備

オートチェッカー・金属検査
ライン上で金属異物、重量をチェックします

キャッパー
ライン上でツイストキャップを締めます

スライサー
原料を設定したサイズにカットします

ラベラー
商品ラベル、出力した一括表示を同時に貼付。賞味期限を印字します

ラベラー(袋)
商品ラベル、出力した一括表示を同時に貼付します

レトルト殺菌機
殺菌温度が100℃以上必要な商品を殺菌します

金属探知機
袋タイプの商品は充填後、検品前の計2回、ビンタイプは充填後の1回チェックします

形成機
袋タイプの商品の形を整えます

検品(拡大鏡)
製造の最終部分で拡大鏡を使用し異物や袋の傷などを確認します

殺菌・冷却機
袋タイプの商品を通常殺菌(95℃)と冷却をライン上で行います

殺菌槽
ビンタイプの商品を殺菌します

自動充填機
原料の充填、味液の注入、真空・シール、ウェイトチェッカー、金属探知機を通過し殺菌・冷却機へ流れていきます

除毛機
バブルとブラシで原料に隠れている異物を除去します

蒸気釜

脱水機
原料に味が浸透しやすいように脱水します

攪拌機
下処理した原料を合わせて攪拌します

作業の様子

原料選別
異物の混入がないか、色合いや硬さなど

混合・煮込み
蒸気釜で原料を混合、煮込み

脱水
具材に味が染み込みやすいように脱水

計量充填
オートチェッカー
充填、計量

金属検査

殺菌
商品によって温度を変えて殺菌

検品(拡大鏡)
拡大鏡を使用して異物、袋の小さな穴、傷などを確認

印字・ラベル貼り付け
箱詰め
出荷

 
 
 
 

PB・OEMのお問い合わせはこちら

お気軽にお問い合わせください。
TEL 0269-26-2461
[ 営業時間 ] 9:00 ~ 17:00
PAGE TOP